So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

作りやすさNo.1! Mikiさんのタイ料理 [Cooking Class]

気温が上がってくると、エスニック系が食べたくなりませんか?

私が食べたくなるのは、タイ料理。
甘くて、辛くて、すっぱくて。
その三味が暑さでまいった身体をリフレッシュしてくれます。

でも、外で食べるのもいいけれど、
気軽に家でも楽しみたい!

そこで、だいたい月1回のペースで私はタイ料理教室に通っています。

日本に住んで長いタイ人・Mikiさんは、
とってもチャーミングな先生。
作る料理の味は天下一品、そして何よりMikiさんの料理は、
タイの独特の調味料さえ手に入れてしまえば、とっても作るのが楽なのです。

今回のメニューはこちら。
Miki.jpg
魚のタマリンドソース、緑豆春雨の炒め物、タオチオ風味のディップ。
デザートが(甘いのにが手なので食べてないし写真も撮ってなけど)
ココナッツ風味のもち米マンゴー添え。

実は、ちょうどこの日、Mikiさんの料理教室が日テレのヒルナンデスで紹介されました。

その間、調理は中断したのですが、
野菜を切るところからはじまるにもかかわらず、
とにかくあっという間に出来上がるんです。

早くできるうえに味もいい。そして応用がきくのもMikiさんの料理の魅力的なところ。

魚のタマリンドソースは、酸味がきいて、これからの季節にちょうどいい料理。
タマリンドが手に入らなければ、お酢を使ってもいい、など逃げ場も用意してくれます。

今回は鯛と鮭だったのですが、ブリでやってもおいしそう♪

タオチオ風味のディップは、キリッと冷えた白ワインにも合いそう。
これまたタオチオがない場合は日本の白味噌を使ってもいい、とのこと。

春雨の炒め物は、子どもにも食べられるやさしい味。
ご飯と混ぜて食べてもおいしい。

ヒルナンデスでは「Miki Studio」と紹介されていたMikiさんの料理教室。
(実はMikiさん本人はその名前を知らず、勝手に命名されていた;笑)
メディアにでてしまったので、予約が困難になりそうですが、
がんばって、席、ゲットしなくちゃ!

世界の郷土料理・家庭料理を楽しむ料理教室
Niki's Kitchen英語料理教室


nice!(0)  コメント(0) 

初体験! ロシア料理教室 [Cooking Class]

ロシア料理と聞いて何を思い浮かべますか?

ボルシチ? ピロシキ? ビーフストロガノフ?

いずれも日本ですでにポピュラーになったメニューですね。

私もほかに何を思い浮かべるか、といったら、
あまりピンと来ません。

で、今回ははじめて、ロシア人のお宅で
本場のロシア料理教室を体験してきました。

メニューは”ザ・ロシア”な定番もの。
ボルシチ、にんじんサラダ、ビフストロガノフ、ピロシキの4品。
 
先生は、日本人と結婚されたロシアの方。
サハリン出身です。

「モスクワへ行くより、日本に来たほうが近いの」

という先生は、日本語を専攻されていたので、日本語、ぺらぺら。

私を含め5人の生徒と先生と、ロシアについての話に花が咲きつつ
楽しく教室は進行していきます。

そしてできたのは、こちら。
beef.jpg
これにピロシキがつくので(写真撮り忘れましたっ)
かなりのボリューミー。そして寒い国だけにどれもしっかりしたお味。

そして意外にもトマトペーストが多用されていて、
凝縮したトマトのうまみがそれぞれのお料理にコクを与えています。

ごろんとしたお肉、野菜たっぷりのボルシチは、
ロシアでは日本でいうお味噌汁みたいにほぼ毎日作るとか。

そしてビフストロガノフの付け合せの定番はマッシュポテト。
日本ならライス! といいたいところですが、ロシアでは主食はパンとジャガイモ。
ストロガノフはジャガイモといただくそうです。

さらに驚いたのが、ビフストロガノフの名前の由来。

ストロガノフ家の料理だから、「ストロガノフ」とついているのですが、
ビフは、「ビーフ」ではなく、
この料理ができた当時フランス風の名前がはやっていて、
ストロガノフの頭に「ビフ」というフランス風の言葉をつけたんだとか。

「だから、この料理は豚肉で作ってもいいんです」
とのこと。

私も含め日本人の多くがビーフ(牛肉)と思っていたはず。
まさに「へぇ~~」でした。

そしてピロシキは、オーブンで焼くタイプ。

ピロシキは揚げるもの、と思っていた私にとって、これまた目からうろこ。

そして、料理とは関係ないですが、私の目を釘付けにしたものがこれ。
koyomi.jpg
冷蔵庫に貼ってあったロシアのカレンダー。

何と、縦書きです。

「日本のカレンダーが読みにくいので、友人から送ってもらっているの」
だそうです。

おいしい料理と、驚きと。
はじめてのロシア料理教室は
楽しい発見にあふれていました。



世界の郷土料理・家庭料理を楽しむ料理教室
Niki's Kitchen英語料理教室


nice!(0)  コメント(0) 

ホテル前で安心タクシーを捕まえるには@ホーチミン [Off to Asia!]

road.jpg
アジア地域に旅行にすると、よく
「タクシーにぼられた!」
という話を聞きますよね。

何せ物価が安く、タクシーも高くはないので、
多少ぼられても旅の楽しみ、と思えばなんてことはありません。

ですが、ぼられて気分がいいか、といったらそうではない人も多いのが事実。

だから、比較的信用のできるタクシーを捜して対応する、
というのが1つの回避方法なのですが・・・

ホーチミンの割といいホテルの前に止まってるのは、
悪名高いタクシーばかり。

「○○ホテルのベルボーイにタクシーを呼んでもらったら、
悪名高いタクシーが来て、結果ぼられた」
という話も。

そこで私がやった方法は・・・

あらかじめベルボーイに

「タクシーを一台、マイリンかビナサンでお願いね!」

と伝えるのです。

ベルボーイは外に出て、すかさず手を上げます。
そこに食いつくのは、もちろんあの悪名高いタクシー。
でも、ベルボーイ、負けてません。

「お前じゃないよ!」

と大きくNO!のジェスチャー。

そして通りまで出てマイリンをひろってくれました。

ここで大事なのは、あくまで自分はマイリンかビナサンに乗りたいんだ、
と強い意思表示をすること。

相手に流されないこと、がぼられない一番の秘訣なのではないでしょうか。

でも、物価の安いホーチミン、目くじらを立てず、
多少は、勘弁してあげてくださいね~♪


nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。